腿・脛・ふくらはぎ・足先など下肢に痛みや痺れがある場合、坐骨神経痛の可能性があります。

ただの疲労であれば、放っておけば治るのですが、坐骨神経痛の場合、状態が悪化して痛みが増していくことがあります。ひどい場合は、座ることもできないほどの痛みや麻痺、歩行障害が出たりします。

坐骨神経痛は、坐骨神経とよばれる腰椎付近から足先まで伸びる末梢神経が、腰椎や骨盤周辺で圧迫されて生じます。圧迫の原因は腰部椎間板ヘルニアなどが多いのですが、腰痛はほとんど感じず下肢のみに痛みが出る場合もあります。

坐骨神経痛に関する詳細は、本サイトの以下記事をご覧ください。

⇛ 坐骨神経痛の症状と原因

⇛ 坐骨神経痛の治療方法