整形外科などの病院での治療

日本整形外科学会・日本腰痛学会監修の「腰痛診療ガイドライン2012」では、腰痛を期間により定義し、各種治療方法に対する見解を示しています。4週間未満を急性腰痛、4週間以上3ヶ月未満を亜急性腰痛、3ヶ月以上を慢性腰痛と定義しています。

ここでは、慢性の場合の各種治療方法の効果についてガイドラインでの見解を紹介します。

安静 必ずしも有効な治療法とは言えない。活動性維持がより早い痛みの改善につながる。
薬物療法 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、アセトアミノフェンは痛みを抑えるのに有効。薬物療法は様々な治療法の一環とすべきで、薬物のみに依存した治療法は望ましくない。
物理・装具療法 電気刺激、牽引は有効か無効かわからない。コルセットは機能改善に有効。
運動療法 保存的治療法として強く推奨される治療法。
神経ブロック・注射療法 疼痛軽減に有効。
腰痛に手術療法(脊椎固定術) 重度の慢性腰痛の場合、疼痛や機能障害軽減の可能性がある。
代替療法 他の保存的治療よりも効果があるとは言えない。

整形外科での治療は、一時的に疼痛を抑える対処療法が中心になります。3ヶ月以上続く脊柱管狭窄症起因の痛みには 、運動療法が最も効果的です。

 

腰痛体操・腰痛ストレッチ

脊柱管狭窄症の治療には、腰痛体操・腰痛ストレッチと呼ばれているエクササイズが効果的です。

エクササイズは様々な流儀のものがあり、ネットや書籍、DVD教材などで解説されています。私の経験では、DVD教材が最も体系的な上、最も効果的な手法が紹介されているのでオススメです。

エクササイズに取り組む際に一点注意して欲しいのが、腰痛の症状ごとにエクササイズが異なるという点です。ギックリ腰やヘルニアなど他の腰痛向けのエクササイズを行なうとかえって腰を痛めてしまうことがあるので注意してください。

脊柱管狭窄症の場合、独自開発の「緩消法」によって腰椎周りの筋肉を軟らかくし痛みや身体の歪み解消する「腰痛アカデミー」がオススメです。

腰痛アカデミー(公式サイト)