症状としては、腰痛自体はあまり強くありませんが、間欠性跛行(かんけつせいはこう)が現れます。

間欠性跛行とは、歩行と休息を繰り返す状態のことをいいます。しばらく歩くと太腿やふくらはぎになどに痺れや痛みが発生しするため、長時間続けて歩くことができません。しかし、前かがみになったり、座ったりして休息を取ると痺れや痛みが軽減するので、再び歩き始めることができます。

原因は脊柱管が狭くなり、その内にある脊髄神経やそこからの枝分かれ部が圧迫されることにあります。

脊柱管とは脊椎(背骨)内を縦方向に貫く脊髄神経が通るトンネルのことをいい、椎間板、椎体、椎弓、黄色靭帯などの組織によって取り囲まれています。背中や腰へ繰り返しかかる負荷や加齢、背骨の病気などにより、椎間板が膨張したり、背骨が変形したり、黄色靭帯が厚くなったりすることで脊柱管が狭くまります。